スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2012年12月2日に受けたHSK5級、2度目の挑戦の結果
12月2日に受験したHSK5級の結果をHSKの公式サイトで確認しました。

听力 83 阅读 81 写作 53 总分 217  合格


【リスニング】 前回(79点)より少し下ではないかと予想したのに反して、少し上でした。実感と結果が食い違うことも多いです。

【読解】 こちらは前回(88点)並みという予想をしましたが、下がっていました。

【作文】 受験前には80点くらい取る気でいたのですが、残念ながらこんな点数に終わってしまいました。

トータルでも、240点を超えたいと思っていましたが、217点で、前回より16点上がったに過ぎない点数となってしまいました。何しろ作文対策が不十分でした。次に6級を目指すときには、やはり書写対策にかなり力を注がなければならないでしょう。


HSKが終わってからは、3月のTOEIC目指して、英語を中心に学習中です。中国語に関しては、陳淑梅先生の『茉莉花』を使って、1日30分音読だけしている状態です。


最初は『聴読中国語』を音読しようと思っていましたが、たまたま読んだ『茉莉花』が思いがけず面白くて、CDも陳淑梅先生朗読のものが出ていたこともあり、これを使うことにしました。実に楽しく音読しています。やっぱり何を読むかによって、同じ音読でも気分が違ってきます。

こちらがCD

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/01/08 20:52】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
不覚
すっかり受けるつもりでいた1月のTOEICを申し込みそびれていたことが分かりました。たいへんショックです。3月のを受けることにします。今度は忘れないように、スケジュール表に申し込み受付開始日を記入しました。

HSK6級は、やはり6月に受けたいと思っています。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/12/10 20:37】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(1) |
12月2日の新HSK5級を受験しました
前回の受験で合格はしたものの、作文に再挑戦したくて再受験しました。

リスニングは前回よりできなかったと感じました。聴いても何についての話題か分からなかったものが数題あったので、少し点が下がるのではないかと思います。

リーディングは、前回並みだったと思います。最後の大問1問が時間が足りなくてできなかったのも前回と同じでした。前回から解答の速度が上がっていないということになります。

そして今回再受験の目的であった書写問題ですが、時間配分に失敗してしまいました。

まずは並べ替え問題に15分もかかってしまったのがまずかったです。前回は作文がまったく書けなかったため、並べ替えにどれだけ時間がかかったか無頓着でしたが、多分同じくらいかかっていたのでしょう。私は字を書くのが遅いのですが、それを勘定に入れていませんでした。さらに、分からない問題にひっかかって、あれこれ考えてしまったのです。さっさと書いてしまって次へ進むべきでした。

5つの単語を使って作文するほうを飛ばして、まず図画に関連する作文問題から取り掛かりました。この時点で残り時間は25分。ところが、作文しているうちに時間が完全に頭から飛んでしまって、残り時間5分のアナウンスではっと我に返りました。書き終えたところで試験終了となり、5つの単語を使うほうは手つかずとなってしまいました。

受験前には2題とも書けるつもりでいたのですが、予測が甘かったです。本番と同じ条件で時間を計り、解答用紙に手書きで作文する練習をするべきだったと思いました。とはいえ、前回まったく手も足も出なかったのが、どのように進めていけば書けるようになるか分かったのは収穫でした。

作文の準備としては、「中国語を話そう」のshrimp先生にスカイプで指導していただきました。作文指導といえば普通は添削でしょうが、どういう発想で文章を考えればいいのか分からず、添削してもらおうにも文章が書けないというレベルだったのが、曲がりなりにも書けるようになり、とてもありがたく思っています。なお、これから5級を受ける方には、サイトの「不定期日記」の中の「新HSK5級书写対策 ―2011年9月21日―」の記事がとても役に立つと思います。

今回、作文2題を両方80字以上書くという目標の半分しか果たせませんでしたが、試験の成績を上げること自体が目的ではないので、もう一度5級を受けることはしません。試験の準備のときには「時間制限」「本番と同じ条件」の二つを念頭におくことにして、次に進もうと思います。

具体的には、HSK6級を受けるつもりです。中検準1級も考えましたが、6級にある「1000字程度の文章を400字に要約する」というのが、これまでやったことのない内容だし、面白そうだと思ったからです。日本語でもこういうことはしたことがないし、てこずりそうな気がしますが、それもかえって興味深く思えます。

1月にTOEICを受ける予定なので、1か月間は英語モードになって、中国語は音読をする程度にしようと思っています。HSKの具体的な対策については、TOEICが終わってから考えます。

そういえば、1年前には12月にはまたTECCを受けるつもりだったのですが、HSK再受験を決めたときに、それはあきらめました。TECCを受けるのは、HSK6級にかたをつけてからのことにしようと思います。だいぶ先になるかもしれません。文章の要約もさることながら、一番の課題は語彙を増やすことになるのではないかと予想しています。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/12/05 19:28】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(1) |
新HSK5級に受かったものの
9月8日に受験した新HSK5級の結果をHSKのサイトで確認しました。

听力79 阅读88 写作34 总分201

自己予想は、リスニング7割、リーディング8割でした。実際はそれより少しよかったわけです。

書写問題は、並べ替えと作文の配点が分からないので何とも言えないのですが、もしかすると並べ替えが5点×8題=40点で、作文が30点×2題=60点なのでは、と思いました。並べ替えが8問中6問正答で30点、わずか20文字書いた作文の部分点が4点取れていたので34点だったのでは、という推測です(実際どうかは分かりませんが)。

基準点は合計で6割(180点)なので合格はしたものの、書写部分が100点中の34点とまったくお話にならないくらい低い点だったし、もう次回の申し込みもしているので、結果にはあまり関心が持てませんでした。

前回の記事で書き忘れたことですが、作文のうち5つの言葉をすべて使うほうの問題にまったく歯が立たなかったのは、5つのうち2つ、単語の意味が分からなかったからです。見知らぬ単語がお題に出てくるとまずいので、今、作文することそのものの対策の他に、単語を覚えるようにしています。

リスニングについては、この方法で取り組んでみたいというのがあるのですが、まだ手をつけていません。

試験まであと1か月半。合計で8割(240点)は越えたいなあと思います。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/10/12 22:11】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
新HSK5級を受けてきました
前回体調不良で受け損ねたHSKを、今回は無事に受けてきました。朝起きたとき体調が大丈夫そうだったから、すごくほっとしました。

簡単に感想を述べますと…

【聞き取り】
一応最後まで回答しました。旧HSKやTECCのように基礎的なものからかなり難しいものまで問題が進むにつれレベルが上がっていくものだと、途中で“振り落とされる”(ついていけなくなる)瞬間がありましたが、今回はそういうことはなく、やはりレベル別の試験なんだなと思いました。

リスニング試験を受けるたびに、聴いて分かる語彙が少ないと思いますが、やはり今回も思いました。

予想正答率は7割。

【読解】
時間が足りず、最後の1問を残してしまいました(マークシートだけは適当に塗りつぶしましたが)。途中で分からなくて時間を食ってしまった問題は特になかったので、もう少しペースを上げればいいのだと思います。

予想正答率は8割。

【作文】
試験前に、どうやって準備したものか困っていました。第1部分の語句の並べ替えはいいとして、第2部分の作文は、問題集の答えのページにも(略)とされていて、せめて模範解答を載せてくれれば参考になるのにと思いました。仕方なく『中国語作文のための短文練習―中文造句』をやっていました。これ自体は勉強になりますが、第2部分の作文問題対策としては十分とは言えません。

今回、5つの単語をすべて使って作文するほうは手も足も出ず、何も書けませんでした。
写真を見て作文するほうは、書きかけて単語が思い出せず考えているうちに時間が来てしまいました。20字しか書けず、しかも文章の途中です。

家に帰ってから写真に関する作文のほうをやってみましたが、日本語でも難しいと思いました。同じ内容でも日本語だと字数が多くなるので、120字を目安に書いて、それを中国語にしましたが、中国語訳が思うようにできないのはもちろんのこと、そもそも日本語の内容がとりとめないのです。そこから練習を始めないと、書けるようにならないだろうと思います。

予想正答率は、第1部分6割、第2部分0。

合格ラインは6割だと聞いていますが、全体で6割あるのかどうか?
とりあえず12月の5級を申し込みました。次回は作文の第2部分で、結果はともかく80字全部埋めるのが目標です。リスニングの対策もします。次回まで3か月あるといっても実際の時間は多くて数十時間だと思うので、読解は特に対策せず、作文とリスニングに集中しようと思います。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/09/08 23:19】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(2) |
前のページ | ホーム | 次のページ
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。