スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ピンイン→漢字 「聴く中国語」の活用
前回の記事で、資格試験対策以外の方法で中国語に触れる時間を取りたいと書きました。具体的には、「聴く中国語」のニュースのコーナーで、ピンインだけを見て、漢字に置き換えて書いていく方法です。

学習雑誌も含め、中国語のテキスト類は、ほとんど本文の漢字の上か下にピンインが書かれていますが、「聴く中国語」の中の「ニュースフォーカス」は、漢字とピンインが別々に書かれているので、こういうことができます。

私はリスニングがとても苦手ですが、音声が聴き取れないと言っても、そもそも単語を知らないからなのか、知っている単語だけど発音をよく覚えていないからなのか、発音自体が聴き分けられないのか、ゆっくりならば分かるけれどスピードについていけないのか、要素がいろいろあると思います。

ピンインを漢字に直す方法だと、発音が聴き分けられないというのと、スピードについていけないという要素が取り除かれます。ピンイン→漢字ができないのに、聴けば分かるということは、まずないでしょう。ただ、音声のほうが、読み上げるときの微妙な間によって、「,」や「.」のない部分でも、文の意味上の切れ目がよく分かるということはあるかもしれません。

聴いて理解するよりは、ピンインを読んで理解するのほうが容易だから、まずは簡単なほうからやってみようと思ったのです。これが意外と面白くて、学習法の中では珍しくゲームみたいで楽しかったです。2013年の5月から6月にかけてけっこうやっていたのですが、そのあと仕事が忙しくなり、すっかり中断したままになってしまっていましたが、年が明けてから再開しました。

よく知っていると自分では思っていた単語が書けなかったりすると、全然分かってなかったんだなあと呆れてしまいます。音としては、絶対何度も聴いたことのあるはずの単語なのに、漢字が思い浮かばない、意味も分からない。

ごくまれに、ピンインを見て意味は分かるけど漢字が書けないということもありますが、割合としては断然、意味も漢字も分からないほうが多いです。本当に基礎的な単語でも出てこなかったりします。ショックを受けながら、一つ一つ覚えていっています。そういう単語でも、漢字を見てピンインは書けるんですよね。だから自分ではその単語を知っていると思ってしまうのでしょう。逆方向もできて初めて覚えたと言えますが、もっと効率的に覚える方法を見つけたいものです。ただ、しばらくはこの方法を続けてみようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/02/09 22:36】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 第31回TECCの結果が来ました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lingmuk.blog82.fc2.com/tb.php/65-7a1c8667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。