スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
HSK対策は『聴読中国語』で
いくつかのブログで存在を知った『聴読中国語』(津田量著/株式会社ナガセ)。気にはなっていたものの、テキスト類はたくさん持っているので買い控えていたところ、個人レッスンを受けている先生から、HSK対策用にこれを音読するとよいと聞いて、購入に至りました。

これまでも中国で発行された聴力対策用の問題集のスクリプトを音読しようとしたことはありますが、まず分からない単語を調べるところから始まって、しかもその量が多いので、音読する手前がけっこう大変です。単語の意味を調べても、文全体がうまく日本語訳できなかったりもしました。これでは音読しても効果が低くなります。

ところが、『聴読中国語』は語句の注釈(もちろんピンインも)がついているし、日本語訳も載っています。日本語も、あえてこなれた訳にしていないそうで、中国語のどこの部分をどう訳したのかが比較的分かりやすいようになっています。音読前に自分でいろいろ調べる手間がほとんどいらず、ハードルが低くなりました。

使い方はいろいろあると思いますが、私は以下のようにしています。

1日本語訳を読む
2単語の注釈を見て、発音する
3本文を音読する 
4音声を聴く
5聴いて意味がぱっと分からない部分は1~3に戻る

現在、40課まで進んでいます。私は語彙が少ないので、一通り終えたら、語句のページに載っているけれども本文には出てこない単語を覚えたほうがいいと思いましたが、3月15日のHSKまで、もうあまり時間がないので、本文の音読や音声を聴くのを繰り返したほうがいいかもしれません。

『聴読中国語』はHSK6級程度までをカバーしているということですから、6級を目指している自分のレベルにも合っているし、今まで買ったテキスト・問題集の類の中では最もコストパフォーマンスのよい一冊だと思います。

聴読中国語―HSK(漢語水平考試)大綱準拠 (東進ブックス)
津田 量
ナガセ
売り上げランキング: 6738

スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/14 18:30】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<HSK受験せず | ホーム | ディクテーションの効果>>
コメント
こんにちは。sugiさんのところのリンクから飛んできました。
私もこの本持っています。かなり使える1冊ですよね。
音読に使うのはすごく効果があると私も思います。
と偉そうに書いてますが私はまだ11課までしか終わっていません。(しかも本文のみ)
ちょっと忙しかったせいもあるのですが、性格的にきっちりやるのは無理なので、今は聴写をメインにやって、確認作業をしながらitunesの歌詞欄へ入力してます。あとは寝る前の数分で音読練習。
これだけですが、なかなか手ごたえを感じています。
先は長いですがお互いがんばりましょうね。
【2009/02/15 22:16】 URL | chaiko #dS2ULFy6[ 編集]
chaikoさん
コメントありがとうございます。
itunesは使っていないのですが、歌詞欄へ入力なんてことができるのですね。便利そうです。
『聴読中国語』は、せっかく使える本なのだから、使い切る感じで活用したいです。
chaikoさんのブログも読ませていただきますね。
【2009/02/15 22:48】 URL | れんもく #mQop/nM.[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lingmuk.blog82.fc2.com/tb.php/37-5da545de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。