スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「 レッドクリフ Part 1」
夏に北京で見た「赤壁」が、日本でこんなにヒットするとは思いませんでした。宣伝もよかったのでしょうか。何にせよ、中国映画が日本でメジャーになるのはうれしいです。中国映画と言っても、ジョン・ウー(呉宇森)監督も主演のトニー・レオン(梁朝偉)も香港の人だし、金城武は日本人でリン・チーリン(林志玲)は台湾人と、近頃とみに中華圏の映画は人もお金も混ざり合ってきた感はあります。

見たのは字幕版ですが、冒頭に、三国時代の情勢について詳しい解説が日本語のナレーションで入ったから。驚きました。とても分かりやすくて、もともとの三国志ファン以外の人も対象にしているところがいいと思いました。人物が登場すると、「趙雲(劉備軍の将軍」などと字幕が入るところも分かりやすい。しかも、初登場のときだけでなく、2度目3度目も出てきます。たいへん親切です。

2度目に見て改めて感じたのは、戦闘シーンがとても多いのですが、その描き方がかなり細かく、おそらく監督のビジョン通りに映像化されているのではないか、ということです。特に陣形については興味深かったです。いかにも軍師の腕の見せ所という感じで。実際そんな思い通りに行くのかどうか分かりませんが、その描写のこだわりは、とても面白かったです。

周瑜が劉備を訪ねたとき、草鞋を編んでいたのを取り上げて

「編得很堅固」

というセリフがあります。訳は、「丈夫だ」でした。

日本語だと、草鞋が頑丈なのを「堅固」とは絶対言わないでしょう。こういう、意味が似てはいるんだけれども微妙に違う、というのに出会うと、他にも日本語の感覚で理解しているけれど実はずれているものっていっぱいあるんだろうな、と思います。すごく違うもののほうが、逆に分かりやすくて、そういうのはいいのですが。


日本ではPart2の公開は2009年4月とのこと。そんなに待たずに見られるんですね。いよいよタイトルの「赤壁」の戦いが描かれるのが楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/23 20:36】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<第20回 中国語コミュニケーション能力検定 | ホーム | 「呉清源」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lingmuk.blog82.fc2.com/tb.php/33-e72774ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。