スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2度目のTOEIC受験
もともと1月に受けるつもりだったTOEICの申込みを忘れていたため、2ヶ月遅れになりましたが、今日(2013年3月17日)受けてきました。申込み開始日をスケジュールに入れておいたので、今度は忘れずに申し込めました。

TOEICは1年前、2012年1月に初めて受験し、スコアは445でした。

それ以来ほとんど勉強していませんでしたが、昨年12月上旬から学習を開始しました。最低100時間学習して受けようと決めましたが、実際に勉強できたのは、約80時間です。

今回は、前回のスコアに約100プラスして、550取れたらいいなと思っていましたが、たった80時間の学習でどれだけ上がるでしょうか…。

その80時間の学習にあたって使ったのは、昨年買った『TOEIC公式問題集vol.4』。さらに図書館でvol.5とvol.3を借りて、リスニングのPART1と2だけやりました。



途中、あまりにもリスニングがうまくいかないと感じたので、『音読パッケージトレーニング』を併用しました。自分で発音できれば聴きとれると言いますから、それが理由です。長期的には効果が表れるかもしれませんが、こんな短期間ではスコアに反映するほど影響はないかなと思いました。



リスニングの学習をすすめる中で、文法もあやしいと思ったので『くもんの中学英文法 中学1~3年』を買って、ひととおり読みました。8割くらいは覚えていましたが、1.5割はかなりあやしく、そして残りの0.5割は、まったく記憶にない、という状態でした。やはり復習してよかったです。



リーディング問題については、公式問題集もやらなかったし、まったく対策しませんでした。100時間をリスニングとリーディングに50時間ずつ振り分けるよりは、リスニングに集中したほうがスコアを上げるのに有効じゃないかと思ったからです。実際には中学英文法の復習が、リーディング対策になった部分があるかもしれません。

受けてみた感じがどうだったかというと、リスニングは、家で問題集をやっていたときよりは、ぱっと聴いて分からない問題が多かったです。スピーカーの音量は十分でしたが、集中力が足りなかったのかもしれません。昨年に比べれば、もちろん分かる部分はずっと多かったです。

リーディングは、捨てただけあって、進歩した感じはほとんどありません。PART5に関して、考えても無駄(今の自分の知識では解けない)な問題の見極めがもっと早くできるようになれば、他の問題に時間を回せるだろうなと思いました。ついぐずぐず数十秒考え込んでしまうことが多かったです。当然、PART7の最後までたどり着くことはできませんでした。

次はまた1年後に受けようと思います。今後は中国語メインに戻る予定なので、かける時間は少なくなりますが、地道に音読パッケージを続けるつもりです。直前2カ月くらいは集中して対策しようと思います。「これをやれば点数は上がる」と明らかな練習方法が沢山あるので、スコアが低いうちというのは、ある意味気が楽なところがありますね。
スポンサーサイト

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/03/17 21:29】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。