スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
HSK対策は『聴読中国語』で
いくつかのブログで存在を知った『聴読中国語』(津田量著/株式会社ナガセ)。気にはなっていたものの、テキスト類はたくさん持っているので買い控えていたところ、個人レッスンを受けている先生から、HSK対策用にこれを音読するとよいと聞いて、購入に至りました。

これまでも中国で発行された聴力対策用の問題集のスクリプトを音読しようとしたことはありますが、まず分からない単語を調べるところから始まって、しかもその量が多いので、音読する手前がけっこう大変です。単語の意味を調べても、文全体がうまく日本語訳できなかったりもしました。これでは音読しても効果が低くなります。

ところが、『聴読中国語』は語句の注釈(もちろんピンインも)がついているし、日本語訳も載っています。日本語も、あえてこなれた訳にしていないそうで、中国語のどこの部分をどう訳したのかが比較的分かりやすいようになっています。音読前に自分でいろいろ調べる手間がほとんどいらず、ハードルが低くなりました。

使い方はいろいろあると思いますが、私は以下のようにしています。

1日本語訳を読む
2単語の注釈を見て、発音する
3本文を音読する 
4音声を聴く
5聴いて意味がぱっと分からない部分は1~3に戻る

現在、40課まで進んでいます。私は語彙が少ないので、一通り終えたら、語句のページに載っているけれども本文には出てこない単語を覚えたほうがいいと思いましたが、3月15日のHSKまで、もうあまり時間がないので、本文の音読や音声を聴くのを繰り返したほうがいいかもしれません。

『聴読中国語』はHSK6級程度までをカバーしているということですから、6級を目指している自分のレベルにも合っているし、今まで買ったテキスト・問題集の類の中では最もコストパフォーマンスのよい一冊だと思います。

聴読中国語―HSK(漢語水平考試)大綱準拠 (東進ブックス)
津田 量
ナガセ
売り上げランキング: 6738

スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/14 18:30】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ディクテーションの効果
2ヶ月前のTECCで、前回よりはリスニング問題が格段に聴き取れるようになりましたが、受験前数ヶ月のディクテーションと日本語訳が効いたのだと思います。

ディクテーションは、前からやっていました。2007年4月から2008年8月にかけてですが、主に中国語ニュースなどから取った1分前後の音声を聴いて書き取り、それを先生にメールして添削してもらうという形式です。

ですが、課題が私の実力よりかなり高めだったため、あまり効果が出ないでいました。1分の課題を何とか書き取るのに、最初の頃は2時間、慣れてからでも1時間以上はかかっていました。

自分で向上したなと思ったのは、発音できる漢字が増えたことでした。ときどきテキスト以外のところで目にした中国語を頭の中で音読していくと、以前なら「これ何て発音するんだろう?」ととばしてしまうところが本当に多かったのですが、それが減ってきたと思いました。

ところが、耳で音声を聴いて意味が分かるようになったかというと、ほとんど効果が感じられませんでした。いったん書き取ったあと、その音声を何度も聴いていてさえ、音はただ中国語の音として聴こえるだけで、部分的には分かるところもありますが、意味がぱっと頭に浮かんでくるというのからはほど遠い状態でした。ピンインで書き取れる、漢字も書けるという状態になっても、意味が瞬時に理解できるというのとはまた違うのです。

そこで、2008年8月から、教材のレベルを下げてもらいました。以前の課題は勉強会参加者共通でしたが、個人レッスンに切り替え、ニュースではなくテキストの付属CDを使い(書き取りが目的なので、もちろん私はそのテキストは使いません)、中国語を書き取った後は日本語訳もしてから添削してもらうという形式に変更しました。

すると、聴いても分からない部分は当然あるのですが、8割がたは分かるので、意味から推測して正解に辿りつくというケースが増えたのです。音声では間違って聴き取ってしまったものを、意味がおかしいから間違っていると気づくということもありました。以前の課題だと、分からない部分が大きすぎて、推測のしようもなかったのです。

実力よりちょっと上の課題に挑戦すると力が伸びると言いますが、あまりにも上すぎると、大変なばかりで逆に効果が薄いように思います。適正なレベルの教材になったので、しばらくはこのやり方を続けて行くつもりです。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/02/06 23:27】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。