スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第20回 中国語コミュニケーション能力検定
TECCを受けました。2005年12月以来、まる3年ぶりの受験です。公開受験が復活してからは初めてです。体調がよくなかったのですが、ふらふらしながらも何とか行ってきました。

リスニングが70問、リーディングが70問の計140問です。

リスニングは、前回よりはできたと思います。問題は易しいのから始まって、だんだん難しくなってきますが、分からなくなるタイミングが前よりも遅くなった気がします。

リスニング問題は、回答の選択肢に先に眼を通しておいてから問題を聴くといいと言いますが、その選択肢の意味をさっと取るのがなかなか難しいのです。長文ならば類推がしやすいのですが、短い文の中で分からない単語や熟語が出てくると、お手上げです。問題集をするときには、選択肢に出てくる文もよく勉強しておくほうがいいですね。

リーディングは、同じような意味の言葉の中で適当なものを選ぶという語彙の問題のできが悪かったです。中国語検定によく出てくるようなタイプの問題です。こういうのは、問題の数は少なくても確実に点を取るためには、実際に出題される問題の何十倍もの語彙をものにしていないといけないわけで、文法に比べると地道な学習が必要だと思います。

長文問題に入ってからちょっと集中力がとぎれてスピードが落ちてしまい、最後の長文は時間がありませんでした。TECCのリーディング問題の量はけっこう多くて、何度か受けましたが、いつもぎりぎりかちょっと足りないくらいです。

前回のスコアは569点でした。多分、リスニングのほうが伸びが大きいんじゃないかと思います。トータルでは、100点くらいはアップするかなと思いますが、どうでしょう。結果は1ヵ月後に送られてきます。
スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/12/14 20:55】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。