スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ノンネイティブの価値
去年、視覚障害者のための音声訳の講座を受けました。
市の広報誌を分担してテープに吹き込んだり、視覚障害者の方の求めに応じて書籍等を音読したりするボランティア団体の主催です。

視覚障害について今まで知らなかったことを学べて、勉強になることが多かったのですが、読む技術については、なるべく主観を排して淡々と読むのが基本というところなど、いま習っているナレーションとは似て非なる世界だなと思いました。

その中で、これはナレーションと共通していることですが、標準語のアクセントの問題があります。

受講メンバーの東京出身の方が、「垣には柿と牡蠣が干してある」が完璧に言えるのに、「アクセント辞典の記号を見てもよく分からないし、自分が発音しているのが、上がってるのか下がってるのかもよく分からない」と言っていたのが、非常に印象に残っています。私はこれとまったく逆のパターンだからです。

アクセント記号どおりに読むことはできるし、人が話したとおりに文章にアクセント記号をつけることもできますが、関西出身ですから、標準語のアクセントは自分の中にありません。

講師の先生も、地方出身者の方に「アクセントが分からなくて困る」と質問されたとき、アクセント辞典をこまめに引きなさいとは言うものの、何度か口ずさんでみて自然に感じるほうを取ればいいのよ、という言い方をすることもありました。

体に入っているアクセントの感覚が標準語と違うから困ってるのに、それがネイティブ(この場合は標準語に近いアクセントの地域で育った人)にはなかなか分からないんだなあと思いました。

無意識に身に着けたものを解析して、元々その感覚のない人に教えるというのは、並大抵のことではありません。
中にはそういうことのできる人もいるけれど、お手本を示すことしかできない人もいます。

そう考えると、言語の習得に関して、ネイティブにはできない部分を教えることのできるノンネイティブの教師の果たす役割は、非常に重要だと思います。

音声訳自体についても色々面白いトピックスはあったんですが、今回はそれから派生して、外国語学習について思ったことでした。
スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/01/23 00:35】 | 外国語学習に思うこと | トラックバック(1) | コメント(0) |
中国語スピーチコンテスト
前から一度行ってみたいと思っていた、中国語スピーチコンテストを聴きに行って来ました。
日本アジア航空主催のものです。

出場者は全員大学生で、全部で19名。2年生と3年生が多く、1年生も数名いました。こんなに多くの日本人の話す中国語を聴いたのは初めてです。

ほとんどの人は大学生になってから中国語を始めたようですから、ほんの1年足らずから3年足らずの学習で、ここまでスピーチできるものだと感心し、また、いまだに進歩がはかばかしくない(というより勉強してない)自分と引き比べて、これではいけないという気持ちになりました。

5分ほどのスピーチの後に審査委員の先生方がいくつか質問をするのですが、スピーチが相当流暢な人でも、その質問に答えるのはなかなか難しそうな様子でした。

逆に、スピーチが今ひとつだと思えた人でも、質問でのやりとりは意外とできる人もいて、あらかじめ用意したものを一方的に話すのと、対話はまた別の能力なんだなと思いました。

ある質問に対して「我不知道用漢語怎麼説」(ちょっとうろ覚えですが)と答えた人がいて、分からない知らないということ自体の言い方を覚えていれば会話は成立するもんだと思いました。

それから、個別の母音や子音の発音や声調の正確さと、流暢さとはまた別のものだとも。
スピードや間、抑揚などがそれらしいと、流暢に聞こえます。あと、今回新たに重要だと思ったのが、つながるべき音がちゃんとつながっていることです。

つっかえるとか言い間違えるともちろん流暢には聞こえませんが、言葉がプツプツ切れて聞こえるスピーカーが何人かいて、それはスピーチが上手かそうでないかを判断するひとつの基準かなと思いました。

小さくは単語。たとえば喜歓(xi3huan1)であれば、xi3とhuan1がつながっていないなどです。
さらに、フレーズ。我去天津的時候であれば、Wo3qu4Tian1jin1de shi2hou は一息に発音されるべきものであって、たとえゆっくり話している場合でも、言いよどんだりする場合は別にして、どこかで息が切れることはないはずです。

音が点点になっていてつながっていない、というのは、ナレーションの勉強のために通っているボイストレーニングで時々言われることなのですが、中国語のスピーチを聴いて腑に落ちるとは思いませんでした。

そんなようなことを感じたスピーチコンテストですが、これを励みに学習しようと思います。
自分の強みと弱みを知り、どの方面に能力を伸ばしたいのか狙い定めて計画を立て、実行していかないと。








テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/12/09 18:56】 | 外国語学習に思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。