スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ピンイン→漢字 「聴く中国語」の活用
前回の記事で、資格試験対策以外の方法で中国語に触れる時間を取りたいと書きました。具体的には、「聴く中国語」のニュースのコーナーで、ピンインだけを見て、漢字に置き換えて書いていく方法です。

学習雑誌も含め、中国語のテキスト類は、ほとんど本文の漢字の上か下にピンインが書かれていますが、「聴く中国語」の中の「ニュースフォーカス」は、漢字とピンインが別々に書かれているので、こういうことができます。

私はリスニングがとても苦手ですが、音声が聴き取れないと言っても、そもそも単語を知らないからなのか、知っている単語だけど発音をよく覚えていないからなのか、発音自体が聴き分けられないのか、ゆっくりならば分かるけれどスピードについていけないのか、要素がいろいろあると思います。

ピンインを漢字に直す方法だと、発音が聴き分けられないというのと、スピードについていけないという要素が取り除かれます。ピンイン→漢字ができないのに、聴けば分かるということは、まずないでしょう。ただ、音声のほうが、読み上げるときの微妙な間によって、「,」や「.」のない部分でも、文の意味上の切れ目がよく分かるということはあるかもしれません。

聴いて理解するよりは、ピンインを読んで理解するのほうが容易だから、まずは簡単なほうからやってみようと思ったのです。これが意外と面白くて、学習法の中では珍しくゲームみたいで楽しかったです。2013年の5月から6月にかけてけっこうやっていたのですが、そのあと仕事が忙しくなり、すっかり中断したままになってしまっていましたが、年が明けてから再開しました。

よく知っていると自分では思っていた単語が書けなかったりすると、全然分かってなかったんだなあと呆れてしまいます。音としては、絶対何度も聴いたことのあるはずの単語なのに、漢字が思い浮かばない、意味も分からない。

ごくまれに、ピンインを見て意味は分かるけど漢字が書けないということもありますが、割合としては断然、意味も漢字も分からないほうが多いです。本当に基礎的な単語でも出てこなかったりします。ショックを受けながら、一つ一つ覚えていっています。そういう単語でも、漢字を見てピンインは書けるんですよね。だから自分ではその単語を知っていると思ってしまうのでしょう。逆方向もできて初めて覚えたと言えますが、もっと効率的に覚える方法を見つけたいものです。ただ、しばらくはこの方法を続けてみようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/02/09 22:36】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
第31回TECCの結果が来ました
スコアが2年前より下がってしまいました。

2013年12月 748(リスニング397、リーディング351)
2011年12月 793(リスニング403、リーディング390)

学習時間は少なかったけれど、受験したときの感触では、少なくとも前回と同じくらいは取れていると思っていたので、いささかショックでした。とはいえ、挽回しようと次回のTECCを受ける気にはなりません。試験を受けるなら、次はHSK6級です。

そのHSK6級は、昨年、一時対策を始めたものの、いつの間にかやめてしまいました。時間も取れないし、やる気もわかない。試験の対策は今の自分には負担が大きすぎるので、別の方法で中国語に触れる時間を取りたいと思います。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2014/01/13 18:29】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
TECCを受けてきました
2013年12月8日(日)に第31回中国語コミュニケーション能力検定を受けました。2年ぶりの受験です。

もともと今年はHSK6級を受けようと思っていたのですが、仕事関係で翻弄されて時間の取れない1年でした。1ヶ月ほど前、このままでは今年は中国語関係の試験は何も受けずに終わってしまうと思って、締切直前に衝動的にTECCに申し込みました。

1ヶ月という限定された期間なら、何とか時間を捻出して対策できるのではないかと思ったのですが、実際の学習時間は20時間にも満たなかったと思います。

受けてみての感想は、リスニングは、やはり「知らないことは聴き取れない」ということでした。自分はリスニングが苦手だとずっと思ってきたし実際そうなのですが、それでも簡単な内容なら難なく聴き取れることもあります。それはやはり何度も耳にして、音声情報も含めたインプットが完全にできていれば聴き取れるはずです。今回は、リスニング問題の終わり近くになると、早くて聴き取れないとか、耳にしたことはあるけど意味が浮かんでこないという言葉がいくつもありました。

リーディングは、これまでと自分の解答ペースが変わったのを感じました。語順問題や補充問題など、これまでは分からなくてもあれこれ考えて時間を取られてしまっていたのですが、知らないものは答えられないと割り切って、次の問題に進んでいたのです。

これは、わざとそうしようと思っていたわけではなく、なぜ自然にそういうふうに変わったのか自分でも分かりません。これまでは最後までたどり着けずに、あわててマークシートだけは当てずっぽうで埋めることも多かったのですが、今回は時間ぴったりくらいで終わりました。

でも2年前にTECCを受けたときに書いたブログ記事を確認したら、そのときも最後まで解けたと書いてありました。それならば2年前とそんなに変わっていないのかもしれません。

手ごたえは、すごく失敗してしまったというところはなく、できるものはできたし、できないものはできなかったし、実力相応の結果が出るのではないかと思います。800点あるといいのですが…。結果は1ヶ月後です。

今後の学習については、簡単なものを使いたいと思っています。8割は既知、2割未知くらいのレベルのもので、なるべく負担を小さくして学習に対する心のハードルを下げ、1回は5分か10分でも、1日に4~5回とか、回数を増やすことで学習時間を確保していきたいです。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/12/10 21:01】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2012年12月2日に受けたHSK5級、2度目の挑戦の結果
12月2日に受験したHSK5級の結果をHSKの公式サイトで確認しました。

听力 83 阅读 81 写作 53 总分 217  合格


【リスニング】 前回(79点)より少し下ではないかと予想したのに反して、少し上でした。実感と結果が食い違うことも多いです。

【読解】 こちらは前回(88点)並みという予想をしましたが、下がっていました。

【作文】 受験前には80点くらい取る気でいたのですが、残念ながらこんな点数に終わってしまいました。

トータルでも、240点を超えたいと思っていましたが、217点で、前回より16点上がったに過ぎない点数となってしまいました。何しろ作文対策が不十分でした。次に6級を目指すときには、やはり書写対策にかなり力を注がなければならないでしょう。


HSKが終わってからは、3月のTOEIC目指して、英語を中心に学習中です。中国語に関しては、陳淑梅先生の『茉莉花』を使って、1日30分音読だけしている状態です。


最初は『聴読中国語』を音読しようと思っていましたが、たまたま読んだ『茉莉花』が思いがけず面白くて、CDも陳淑梅先生朗読のものが出ていたこともあり、これを使うことにしました。実に楽しく音読しています。やっぱり何を読むかによって、同じ音読でも気分が違ってきます。

こちらがCD

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/01/08 20:52】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(0) |
12月2日の新HSK5級を受験しました
前回の受験で合格はしたものの、作文に再挑戦したくて再受験しました。

リスニングは前回よりできなかったと感じました。聴いても何についての話題か分からなかったものが数題あったので、少し点が下がるのではないかと思います。

リーディングは、前回並みだったと思います。最後の大問1問が時間が足りなくてできなかったのも前回と同じでした。前回から解答の速度が上がっていないということになります。

そして今回再受験の目的であった書写問題ですが、時間配分に失敗してしまいました。

まずは並べ替え問題に15分もかかってしまったのがまずかったです。前回は作文がまったく書けなかったため、並べ替えにどれだけ時間がかかったか無頓着でしたが、多分同じくらいかかっていたのでしょう。私は字を書くのが遅いのですが、それを勘定に入れていませんでした。さらに、分からない問題にひっかかって、あれこれ考えてしまったのです。さっさと書いてしまって次へ進むべきでした。

5つの単語を使って作文するほうを飛ばして、まず図画に関連する作文問題から取り掛かりました。この時点で残り時間は25分。ところが、作文しているうちに時間が完全に頭から飛んでしまって、残り時間5分のアナウンスではっと我に返りました。書き終えたところで試験終了となり、5つの単語を使うほうは手つかずとなってしまいました。

受験前には2題とも書けるつもりでいたのですが、予測が甘かったです。本番と同じ条件で時間を計り、解答用紙に手書きで作文する練習をするべきだったと思いました。とはいえ、前回まったく手も足も出なかったのが、どのように進めていけば書けるようになるか分かったのは収穫でした。

作文の準備としては、「中国語を話そう」のshrimp先生にスカイプで指導していただきました。作文指導といえば普通は添削でしょうが、どういう発想で文章を考えればいいのか分からず、添削してもらおうにも文章が書けないというレベルだったのが、曲がりなりにも書けるようになり、とてもありがたく思っています。なお、これから5級を受ける方には、サイトの「不定期日記」の中の「新HSK5級书写対策 ―2011年9月21日―」の記事がとても役に立つと思います。

今回、作文2題を両方80字以上書くという目標の半分しか果たせませんでしたが、試験の成績を上げること自体が目的ではないので、もう一度5級を受けることはしません。試験の準備のときには「時間制限」「本番と同じ条件」の二つを念頭におくことにして、次に進もうと思います。

具体的には、HSK6級を受けるつもりです。中検準1級も考えましたが、6級にある「1000字程度の文章を400字に要約する」というのが、これまでやったことのない内容だし、面白そうだと思ったからです。日本語でもこういうことはしたことがないし、てこずりそうな気がしますが、それもかえって興味深く思えます。

1月にTOEICを受ける予定なので、1か月間は英語モードになって、中国語は音読をする程度にしようと思っています。HSKの具体的な対策については、TOEICが終わってから考えます。

そういえば、1年前には12月にはまたTECCを受けるつもりだったのですが、HSK再受験を決めたときに、それはあきらめました。TECCを受けるのは、HSK6級にかたをつけてからのことにしようと思います。だいぶ先になるかもしれません。文章の要約もさることながら、一番の課題は語彙を増やすことになるのではないかと予想しています。

テーマ:中国語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2012/12/05 19:28】 | 中国語学習 | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム | 次のページ
花より中国語


中国語学習ブログです。

プロフィール

れんもく

Author:れんもく
中国語もできるナレーター目指して勉強中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

アルク

ゴガクル中国語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。